ケミカルピーリング シミ取り

ケミカルピーリングでシミ取り

ケミカルピーリングによるシミ取りの手順(コツ)などを記載いたしました。

医療クリニックでレーザーによるシミ取りをする以外に、シミ取りができる方法はないでしょうか。
シミの状態に合わせて、市販のシミ取り用のクリームや飲み薬を使っている人もいます。
ケミカルピーリングは、いくつかあるシミ取り方法の中でも特に多くの人が利用しているものです。
皮膚の表層に残ってしまっているシミを取り除くため、ケミカルピーリングでは酸性の物質を肌に塗り、肌表面を融解させてその下層の新たな皮膚を表に出します。
気軽にできるということから欧米では非常に人気があります。
近年ではケミカルピーリングは日本にも上陸し、利用者を増やしています。
シミ取りにいいだけでなく、ケミカルピーリングは毛穴の引き締めや汚れの除去、小じわやにきび痕の解消などにも役に立つとされています。
ケミカルピーリングの実際の手順は、顔を洗って汚れを落とした後、薬剤を塗ってしばらくおき、その後中和剤で薬液をぬぐい取ります。
薬液をきれいに落としたことを確認したら、冷タオルで肌を冷やしてなだめましょう。
最後に保湿クリームなどを施して、肌を保護してください。
シミの状況によって差はありますが、だいたい30分から1時間ぐらいで終わります。
この処置を一週間に一回か二回行います。あまり間をおかずにできるため、シミが取れていることを早い段階で体感することができるでしょう。
5回〜10回を一式としてケミカルピーリングを行いましょう。
この治療をすることで肌の代謝が良くなりますので、以後はメラニンが排出されやすく、シミが発生しにくくなると言われています。
ケミカルピーリングでのシミ取りは、適切に行えば効果が期待できるいい方法ですので、実践する価値はあります。
バストアップのプロが提供する、評価の高いノウハウをトップページでご紹介!
自宅でバストアップ!胸を大きくするプロのノウハウを厳選!