大人 にきび肌

紫外線をカットした方が良い理由

なぜ紫外線には当たらない方がいいのか?その理由をお伝えいたします。

紫外線をカットすることが近年は重視されています。数十年前までとは逆ですね!
なぜ紫外線には当たらないほうがよいのかといいますと、まず紫外線にはいくつかの種類があります。
紫外線には地上まで届く紫外線と地上までは届いていない紫外線があるそうです。
さらに、体によくないと言われる紫外線があります。
それが肌のダメージをあたえる、カットしたほうがいい紫外線です。
体によくない影響を与える紫外線が地上に振るようになったのは、オゾン層に異常が出てきてからだといいます。
最近はオゾン層がどんどん薄くなってきていることはご周知の事と思います。地域によってはオゾンホールができていて、これらは地球の将来にも関わってくる重要な問題でもあります。
かつてはオゾン層がカットしてくれていた人に有害な紫外線が地上にまで届くようになったことで、生物全体にもいろいろな悪い影響があるようです。
悪い紫外線をずっと浴びていると、DNAが損傷することもあります。
遺伝子は失われたり損傷してもわずかであればリカバリーも利きますが、あまり多すぎると遺伝子が変異を引き起こします。そして浴び続けていると、有害な紫外線が細胞を壊し、がんや白内障を引きおこす原因になりますので、紫外線は普段から意識してカットするようにしてください。
バストアップのプロが提供する、評価の高いノウハウをトップページでご紹介!
自宅でバストアップ!胸を大きくするプロのノウハウを厳選!